俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

本を買いすぎて、金欠状態

『ラ・フォンテーヌの小話』、『英詩を味わう洋楽名曲クロニクル』(泉山真奈美)『貞女への道』(橋本治)、『地下室の手記』(中村融訳)を買う。

ラ・フォンテーヌって、アリとキリギリスの話の作者らしい。知らんかった。

中村融訳の『地下室の手記』は角川文庫だ。江川卓訳とどう違うのか。

本を買いすぎて、金欠状態。

まだ、たくさん買った。

省略。

追記。

アリとキリギリスの元話はイソップらしい。ラ・フォンテーヌはイソップをもとにした寓話を書いた人らしい。