俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

Kansas - Carry on Wayward Son〜精神的に不安定な10代の時期を歌ったものだった!?〜

www.youtube.com

oyogetaiyakukun.blogspot.jp【引用】

そもそも何について歌った曲なのでしょうか。抽象的でいかような解釈でも可能な歌詞なので,諸説があります。例えば,薬物による幻覚を扱ったとするもの,聖書の放蕩息子について歌ったものであるとするもの,そしてベトナム戦争についての曲であるとするものなど,実に様々です。そして,それらの解釈を見比べるうちに目に留まったのが,これは精神的に不安定な10代の時期を歌ったものであるとする解釈でした。確かに自分にも覚えがあります。この解釈,非常に興味深く説得力もあるため,今回はこれに従って和訳しました。
First of all, what's this song about? The lyric is so open that it allows various interpretations. For example, it's about drug induced vision, about the story of the prodigal son in Bible, or about the Vietnam war. Nobody has nailed it yet.
Examining these interpretations, I came across a very interesting interpretation that the song is about emotionally trying adolescent stage. That made a lot sense to me. I have been there. So here I translated the lyrics based on the interpretation.

 

[歌詞]

Carry on my wayward son,
For there'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Now don't you cry no more

Once I rose above the noise and confusion
Just to get a glimpse beyond the illusion
I was soaring ever higher, but I flew too high
Though my eyes could see I still was a blind man
Though my mind could think I still was a mad man
I hear the voices when I'm dreamin',
I can hear them say

Carry on my wayward son,
For there'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Now don't you cry no more

Masquerading as a man with a reason
My charade is the event of the season
And if I claim to be a wise man, it surely
means that I don't know
On a stormy sea of moving emotion
Tossed about I'm like a ship on the ocean
I set a course for winds of fortune, but
I hear the voices say

Carry on my wayward son,
For there'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Now don't you cry no more

Carry on my wayward son,
For there'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Now don't you cry no more

Carry on, you will always remember
Carry on, nothing equals the splendor
Now your life's no longer empty
Surely heaven waits for you

Carry on my wayward son,
For there'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Now don't you cry no more

負けん気がお前の取り柄だろ だから諦めるな
いつかは必ずそこから抜け出して
解放される日がやってくる
あれこれ悩むのはもう止めて
涙を拭いて立ち向かうんだ

散々考えて悩み抜けば
周囲の雑音やゴタゴタから自由になれると思ってた
世の中がはっきり見えるようになり,楽に生きられると思ってた
それで必死に考えたけど
逆に,色々考えすぎて
それまで以上に辛くなった
そのまま受け取ればいいことでも,つい疑ってしまって信じられず
頭でそうだとわかっていても,どうしてもそれが納得できない
だけどそんな時は
とにかく眠って,心の声を聞けばいい
声がこう言って励ましてくれる:

負けん気がお前の取り柄だろ だから諦めるな
いつかは必ずそこから抜け出して
解放される日がやってくる
あれこれ悩むのはもう止めて
涙を拭いて立ち向かうんだ

外側だけは分別のある大人のふりをしてるけど
そんなのは見せかけの猿芝居だ
何でもわかっているようなふりをしているヤツに限って
そいつは何もわかってない

本当の自分は,いつも気持ちが不安定で
海に浮かぶ船のように,感情の波に翻弄されてる
それが苦しくて
やけになって無茶したこともあったけど
あの声が聞こえてくるんだ

負けん気がお前の取り柄だろ だから諦めるな
いつかは必ずそこから抜け出して
解放される日がやってくる
あれこれ悩むのはもう止めて
涙を拭いて立ち向かうんだ

生き延びろ
そしてこれだけは覚えておけ
ここを乗り越えたらもう少しだ
素晴らしい人生が待っている 
お前の人生には意味がある
報われる日がきっとやってくる

負けん気がお前の取り柄だろ だから諦めるな
いつかは必ずそこから抜け出して
解放される日がやってくる
あれこれ悩むのはもう止めて
涙を拭いて立ち向かえ!

 

【引用終わり】

【感想】

そうだったのか。

カンサスはプログレハード。

このCarry on Wayward Sonはハードロック。

Dust in the Windは幻想的な曲。

カンサスはこの2曲しか知らない。