俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

◯◯賞候補

◯◯賞候補まで行った。

文章でお金が稼げる。

作家気取り。

虚業

彼の頭の中は、。。。