俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

犯罪事件をもとに創作したい

小説より、実際に起きている事件に関心がある。

『20世紀にっぽん殺人事典』、『明治・大正・昭和・平成 事件&犯罪大事典』などの、犯罪関係の本はたくさん持っている。

これらを参考に、創作して雑文を書いてきた。

今後も、この線で行こうと思っている。