俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

絶望と死

絶望している。

今起こっていることに。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

やりたいことをやって死のう。

絶望すると、人間は本当に自ら死ぬかもしれないな

・・・・・・・・・・・・・・・・・