俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

随筆がおもしろい作家を探している

『掌の小説』(川端康成)を買ったんで読んでいる。

少女ばかり出てくる。

少女を、凝視している、妄想している川端康成なりを想像すると、かなり気持ち悪い文章ばかりだと、わかる。

これは、私が勝手に思ったことだ。

随筆が読めたら、おもしろかったら、小説を読んでみたいと思う。

吉行淳之介山田風太郎深沢七郎色川武大野坂昭如澁澤龍彦江戸川乱歩笹沢佐保勝目梓宇能鴻一郎太宰治小林秀雄佐藤愛子など。

吉行淳之介の対談集も、おもしろかったと記憶している。

最近の作家は全然知らない。知らないから手を出さない。