俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

作家でも、何を書いてるのわからんのは、読まない

寒い。

目が醒めた。

相変わらず、おかしなことばかり書いている。

「寝巻パーティ」(宇能鴻一郎)を読んだ、読みやすい文章だ。

さすが芥川賞作家だと思った。

小説誌は『オール讀物』と『小説新潮』はどちらが上なのか、知らないが。

小説新潮』のほうが読める文章が載っていた。

こういう小説誌って売れてるのかな? 『週刊新潮』は買っても、全部読める。文章もしっかりしている。

『小説誌』は読めない文章があるんで、もう買いたくない。

現代小説家より、『週刊新潮』を書いてる編集者のほうが、文章がしっかりしている。なぜならば、どこを読んでも、読めるからだ。

林芙美子は随筆が読めたんで、「骨」という小説を読んだら、よくわからんかった。

現代詩手帖』はちんぷんかんぷんだから、二度と買わない。