俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

頭の中に入ってこない文章は、下手なんだと思う

ブックオフに行った。『人獣怪婚』(ちくま文庫)、『名短編、さらにあり』(ちくま文庫)を買った。

永井龍男の「出口入口」、林芙美子の「骨」を読んだが、頭の中に入りにくかった。

阿刀田高の「透明魚」、これは書いている内容は、はっきりわかった。また、読んでいて、どんな風な結末になるのか、大体わかった。

頭の中に入ってこない文章は、下手なんだと思う。

だから、読まない。

作家なのだから、文章がスラスラと頭の中に入ってくるのが、普通だと思ったが、そうでもないらしい。