俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

生きてることはたいしことない

他人の死は 喜劇

自分の死は 悲劇

これも みんな 錯覚

生きてることも かんちがい

f:id:aroha7:20180123105129p:plain