俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

アマゾンとブックオフはどちらが得か

宇能 鴻一郎の本が読みたくなったのだが、アマゾン見ても一円本はなかった。

ブックオフに行くのより、アマゾンで一円本を探したほうが確実だ。

が、ブックオフだと実際読める。なんだかんだで、アマゾンで買ってもブックオフでも、余り値段が変わらんことに気がついた。

古本屋で買って、アマゾン見たら、安かったというのは経験してる。

目利きは、古本屋の100円コーナーで、珍しい本を見つけるらしい。

経験的にいえば、地方の古本屋、ブックオフには、珍しい本が平気で埋もれている。