俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

読書記録(全)・・・・

最近思ったのだが、随筆集と対談集だけで満足。

これなら読み続けることができる。

小説は短篇でいい。名作短篇集を集めよう。

よく考えたら、まともに小説を読んだことがあるのか。

読んだモノを列挙。

地下室の手記』(ドストエフスキー

『変身』(カフカ

『異邦人』(カミュ

金閣寺』その他短篇(三島由紀夫

『みづうみ』その他短篇(川端康成

これくらいしか浮かばない。

侏儒の言葉』(芥川龍之介)、これは小説でない。太宰治も随筆だけは読んだ。

坂口安吾の『白痴』。その他の『堕落論』、これは小説でないな。

小説でないものはたくさん読んでいる気がする。

・・・・・小説は読んでいない・・・・・・w