俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

桐野夏生、村山由佳

『エロスの記憶』(文春文庫)。

アンソロジー。

桐野夏生村山由佳とかを、ペラペラ眺めた。

読みやすく、わかりやすい文章だった。

上の2人が賞を、たとえば直木賞とった人なのか知らない。

さすがプロの文章だと思った。

最近の作家はこんな文章を書いているのか、少し参考になった。