俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

澁澤龍彦とか好きそうだな

昔、原稿を送ったら、連絡がきた。

ある出版社に。

澁澤龍彦とか好きそうだな・・・」

そう言われた。河出文庫の彼の文庫をよく読んでいたが・・・。

そういえば、澁澤龍彦みたいな文章だなと、原稿を改めて読んでそう思った。

別にまねをしたわけでない。

自然に書いていたら、そうなったんだと思う。

澁澤龍彦っていうと、幻想文学の大御所みたいだな。初めて知ったよ。

改めて読みたい気がしないが。