俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

徒然なるままに・・・

実は何も書きたくない。

吐き出すことを常習化する訓練をしている。

書きながら思考をすすめている。

世間知らずな人間は何も書けない。無智蒙昧を晒し出すことはできる。

それでもいい。

私はこれでもお金を取っている、プロの文章を書く人間だ。

だから、他の人とはちがい、読みやすい文章のはずだ。

語彙はないが、読みやすい文章の骨格は持っていると自負している。

へんな文章になって、誤字があったら、ATOKが悪いのだ。

こんなに変換効率が悪かったかなと、最近思い始めている。

素人の文章と、書き慣れてる人の文章は、読めばわかるから、不思議だ。

そういえば、30年近く文章を書いてる。

それでも、この体たらく。

・・・・・・・・・・・・・・