俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ドストエフスキーの文章は、くどすぎるくらい描写が細かい

ドストエフスキーの文章は、くどすぎるくらい描写が細かい。地の文だ。

そういう印象がある。

江川卓訳のドストエフスキーでおなじみだ。

数日前、ドストエフスキーの異色の作品集、ユーモア小説集とか見た。で、先日買おうと思ったが、探してもなかった。

地下室の手記』『虐げられた人々?』など初期の作品を3作品くらい読んだが、本命の『罪と罰』とか読んでいない。