俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

真実を語ることは・・・

真実を語ることは勇気がいる。

ゆえに誰も語らない。

また本当のことを語ると、世間から白眼視される。

おかしな世の中だ。