俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『悪魔が殺せとささやいた』が絶版になっていた

『悪魔が殺せとささやいた』(新潮文庫)。以前、この本をアマゾンで見たら、8000円と値がついていた。売ってしまえばよかった。現在は、400円で買えます。

このシリーズは、陰惨な殺人事件ばかり集めたアンソロジー。

なぜか、『悪魔が殺せとささやいた』だけは絶版になっている。

この事件の加害者か被害者が、新潮社に差し止めの裁判でも、したのではないかと思っている。