俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

覚醒させる片言の詩

どうやって言葉に力を持たそうかと考えている。

死んだ文章は書きたくない。

きちがい、めくら、びっこ、くろんぼ、おし、、、。

こういう言葉を使うとドキリとする人がいるはずだ。

強姦、死刑、癌死、奇形、不妊、、、、。

これでもいい。

天皇創価学会暴力団、部落、、、、。

刺激的な言葉を使い、みんなを覚醒させる。

f:id:aroha7:20180119004648p:plain