俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ある晴れた日

今日は晴れてますね

老女は 曇ってるといった

こんなに 眩しいほどの太陽が 輝いてるのに

よく見ると

老女は 盲目だった

f:id:aroha7:20180118100312p:plain