俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

あるひとつの文章観・・・・

記憶に残る文章を書きたい。

そして映像が見える文章。

この二つに集約された。

へっぽこライターだが、経験から得られた結論。

また、何回も読みたくなるような文章かな。

f:id:aroha7:20180117230938p:plain