俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

直木賞受賞の門井慶喜さんを四柱推命で占ってみました

f:id:aroha7:20180116213617p:plain

f:id:aroha7:20180116213641p:plain

直木賞受賞の門井慶喜さん(1971年11月2日生まれ)。

この人を四柱推命で占ってみました。

知恵の星、印綬が2個、感性の星、傷官が1個。印綬と傷官があると、作家には適するとか言われている。

また、華蓋という芸術の星もある。

四柱推命によると、作家に適する星が並んでいるとみる。

※ちなみに、私にも印綬、傷官あり、華蓋があります。でも、作家ではないなw 雑文・売文屋であるw

門井慶喜 - Wikipedia