俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

自己嫌悪

今まで何をやってきたのか。

いつも自己嫌悪に陥る。

環境は揃っていた。

結局、自分自身が無能だったことだ。

何回も同じことをやってる気がする。

原因は私自身そのものだ。

いいわけできない。

これまた辛い。