俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ペラ500円で雑文書きます〜仕事ください〜

昔、東京に居たとき。まだ元気だった。

ある雑誌に短編小説みたいなモノを載せていた。それが文庫本一冊分たまったので、これを文庫化できないか、そんな手紙を書いてある出版社に送付した。

そしたら、返事が来た。その出版社に行った。

この短編は一冊にはできないが、一冊書いてみませんかと、いわれた。

が、なんやかんや重なり、その話は立ち消えになってしまった。

あの時に、書いておけば、、、、、。

だから、、、文庫一冊分原稿書いて、直接、出版社に送付すれば、、、なんとかなるかもしれないのだ。

賞なしの小説家っているでしょ、あいつらは、編集者あがりの作家だ。

また、名刺作って、仕事下さい。これで、雑文を書く仕事がもらえた。

が、その前に雑誌掲載の作品があった。それも添付して。

先週も久しぶりに雑文を書いた。

Web ライターより、原稿料はいいと思う。

昔、ペラ500円で雑文を書いていた。

ペラというのは200字詰めだ。原稿用紙1枚書いて1000円。

 

f:id:aroha7:20180115171237p:plain

ペラ(200字詰め原稿用紙)