俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『芥川龍之介随筆集』

芥川龍之介随筆集』。

改めて、芥川龍之介を読んだ。

やはり天才だ。

書いてる文章がスラスラと頭の中に入る。

芥川龍之介は、映像が浮かんで来る文章でなければ、だめみたいなことを、書いている。

心象風景が生々しく浮かんでくる文章は、名文だ。

筆力鼎をあげる。詩的な彼の文章。

現代を生きる人にも、いまだに強い影響をあてえているのではないか。

天才は普遍的なのだ。

つくづくそう思った。