俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

文章力のある人の文章は、どんなモノ書かせても、読ませる。

小説新潮』読んでいたら、サイコパスで売り出した中野なんとかという、オバサンの小説が載っていた。

面白くなかった。ただ書いてるだけだ。この人は、読ませる文章の才能はないな。

文章力のある人の文章は、どんなモノ書かせても、読ませる。

これは経験的に思っている。だからはずれない。

中野なんとかというオバさんが、小説、エッセイで大成したら、私の見方が間違えていたことになる。

どうなるのかな。