俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

実家で福島原発爆発後、4人連続して男性が死んだ。

実家で福島原発爆発後、4人連続して男性が死んだ。

私の実家は、セシウムがたくさん降下した場所だ。

バズビー博士の予測は、癌増加をしめしてしていた。

原発爆発後6年間で、実家の近所の男が連続して死んだ。

私はセシウムが原因だと思っている。

こんなことは、今までなかったからだ。

3人が癌だった。もう一人は突然死んでいた。

この中には、子供の頃よく遊んだ先輩がいた。

世間的には短命だ。

先輩たちの顔が浮かんでくると、楽しい人生だったのかい? と聴きたくなる。

子供時代は確かに楽しかったと思う。

私も先輩たちと、いつもヘラヘラしていたからだ。

まさか、こんな末期になって、あの世に逝くとは思わなかっただろう。

先輩たちはあの世に逝って、仲良く、子供になって、また楽しんでいる映像が浮かんで来る。

・・・・あの世があるのか、知らないが・・・