俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

身辺雑記・・・・・「中折れするんですが・・・」

私自身の生きてきたことを、そのまま書けば、一回は小説にできそうだ。

病院事務、法律事務、出版社の編集者、ビルの設備管理人、貧乏ライターなど経験。

世間で言う、会社勤めとは無縁だ。

長くて2年間しか、会社勤めがダメ人間だからな。

現在、脳梗塞の後遺症で、キーボードだけは、なんとか打てる状態。

それで、心臓も悪い。虚血性心疾患だそうだ。

今年、某英語短期大に再入学しようと思ったが、見送る。

高血圧のため降圧剤で血圧下げてます。そのための副作用に、中折れがある。

「先生に、中折れするんですが・・・」

と聴きたいのだが。ためらってるw

以前、血圧をもう少し上げたいと、何気なくいったら、

「心臓の冠動脈がなんとらかんとらで、、、突然死するよ」

そんなこと言われました。