俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

男性に「蹴り」を入れる女〜京都市某区のデパートの玄関〜

記憶に残ったことだから文章に記す。

私は人生のほとんどは、東京の23区内で生活してきた。残りは、生まれた場所と、京都市だ。

特に、京都市に来てから驚くことが多い。

これもその一つだ。

あるデパートの玄関で見た。

若い女性が男性に「蹴り」を何回かしていたのだ。

どうもカップルらしい。

黒い服装を双方がしていたので、結婚式か葬式の帰りらしかった。

女性が足を振り上げ、男性にキック。それも2〜3回。

男性は防御でからだをねじっていた。

デパートの玄関なので女性の声が少し聞こえてきた。

「、、、、んな、、、、わけね〜だろ!・・・・」

そんな感じで怒っていた。

ここは(京都市)すごいところだな・・・

こんな場面は生まれて初めて見た・・・・。