俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

少女賛美

少女のためには詩は書きたいな。

少女はかわいいからな。

子供のために詩は書きたいな。

子供はかわいいからな。

かわいいものは

すべてを許せる