俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

怖い文章を書きたい

怖い文章を書きたい。

やはり幻想文学系なのか?

現実に潜む恐怖。

よく考えたら怖い。

白昼夢を見てるような文章。

霊とか妖怪とかちがう、人間の怖さかな。

このように列挙したことは、たぶんもうジャンルとしてあると思う。

私が知らないだけだと思う。