俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

出版社の編集者は結局・・・どうなってしまうのか?

出版社の編集者の将来(結果的にどうなるのか?)

・作家になるのか?

・デザイナーになるのか?

・終生編集者なのか?

・出版社を立ち上げる?

私の知ってる範囲内で、文章を書く人、作家になった、ライターでやってる人は知っている。

また、出版社を仲間と立ち上げてやっている人もいる。

編プロを立ち上げ、やってる人もいる。

終生出版社で役員までゆき、いまだやってる人もいる。

編集者をやめて、行方不明になってしまった人もいる。

キッパリ編集者を辞め、家業を継いだ人もいる。

おおかた、出版社周辺で、いまだやってる人が多い気ががする。