俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

文章力のある随筆は、作家の声が聞こえてくる

読んで、頭の中にスラスラ入ってこない文章は読まない。

この大原則で本を読んでいる。

文章力のある随筆は、作家の声が聞こえてくる。

不思議だ。会ったことがないのに、書き手の声が聞こえてくるとは。