俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

この女はまたウソをついているな・・・

私は女のことを書くと悪口になるんで書かない。

女の描写で、きれいに魅惑的に表現できる作家はエライ。

こんな表現を見ると、そんな馬鹿な、アホなと、突っ込みを入れたくなってしまう。

女と話して何が楽しいのだ? この女はまたウソをついているな・・・。