俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

文豪の随筆

無智蒙昧なことはわかっている。

最近になり、文豪の随筆を買い集めて読んでいる。

幸田露伴も読みにくい、泉鏡花も読みにくいと感じる。

芥川龍之介室生犀星三島由紀夫川端康成谷崎潤一郎太宰治江戸川乱歩は、読める。

私が読めるんだから、たぶん多くの人、みんなも読めるはずだ。