俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

深沢七郎と折口信夫は同性愛者だった〜『文豪の女遍歴』〜

『文豪の女遍歴』という本を買った。

文豪はお金持ちのボンボンだ。女遊びは想像以上に激しい。

これ読んでいて、深沢七郎折口信夫は同性愛者と記されていた。

なるほどと思った。※深沢七郎折口信夫は同性愛関係はない。

この二人の顔を見るたびに、得体のわからん気持ち悪さが伝わってきたからだ。

三島由紀夫バイセクシャル深沢七郎とは同性愛で関係があったと記されていた。

三島由紀夫の同性愛者は有名な話だ。

さほど驚かん。

残念ながら、生存してる現在作家の女遍歴は「ない」。

流行作家の「不倫などの女遊び」は出版社ではタブーだ。

なぜならば、作家が「この本は◯◯出版社では出さない」といわれれば、終わりだからだ。ゆえに、流行作家の「女遊び」は「週刊新潮」でも「週刊文春」でも出ない、おわかりだろうか。

f:id:aroha7:20180103174557p:plain

↑同性愛者だった深沢七郎

f:id:aroha7:20180103174612p:plain

同性愛者だった折口信夫