俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

随筆がおもしろい作家は、はずれがない!?

誰が書いた文章か忘れたが、随筆がおもしろい作家は、はずれがない、そんなことを書いていた。

これは本当だと思う。

以下は、おもしろいと思った作家。最近の作家は知らない。

江戸川乱歩坂口安吾山田風太郎吉行淳之介野坂昭如色川武大寺山修司深沢七郎笹沢佐保金子光晴花村萬月橋本治殿山泰司、etc.文豪はのぞく。

実は、今日ブックオフにゆき笹沢佐保の『恋する女たちへ』というのを買って来た。昔、読んだのとは、違っていたが。

おもしろかった。これはエッセイ小説だな。