俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「黒い報告書」はおもしろい〜男と女、金という人間の業を煮詰めたような話〜

週刊新潮』というと「黒い報告書」を、いつも楽しみにしている人多いのかな。

このシリーズは、実際の事件を元にしたフィクション。男と女、金、殺人絡み。セックスシーンが入っているんでポルノといってもいい。よほど、人気があるのか文庫化されている。

おもしろいんで文庫も買った。

この書き手の、岩井志麻子と粉川宏の対談があり読んだ。

岩井志麻子が小学生の頃、この「黒い報告書」を読んでオナニーしたと、語っていた。

それも粉川宏の「黒い報告書」で。本当なのか? リップサービス

わからん、事実かも知れん。

通俗ストーリーでよくわからない小説より、「黒い報告書」のほうが好きだ。

富岡八幡宮殺人事件も「黒い報告書」で再現されそうだ? もうしたかな?