俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

本気の女性はどんなんですか?

女性とたくさん遊んだ先輩はニヤニヤしながら話した。

「演技がほとんど」

「本気の女性はどんなんですか?」

「背中を触れ!」

「触って?」

「背中が汗でビショビショになってるのは本気で感じまくっている!」

「なるほど」

「背中が乾いていて、イイ〜! いくっぅ〜! とか言ってるのはウソだからな、よく覚えておくように」

女道楽でみんなから一目おかれてる先輩は、目を細ませて、そう忠告してくれた。

これは実践しましたが、先輩の言ってるとおりでした。

興奮すれば、新陳代謝が活発になり、汗が出る。

なるほど・・・・