俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

赤川次郎>勝目梓>北村薫>未須本有生

オール讀物1月号』『小説新潮1月号』買ったので、少し読んでいました。

赤川次郎勝目梓北村薫>未須本有生の順でした。他は未読

わかりやすさの順でもある。

北村薫、未須本は地の文がよくわからん。知っている人は知ってるのか。

書いてる人の知識を晒してるが、コレはわからん人多いだろうな。

地の文を埋めるために、書き手の知識で埋めてごまかしている。

コレはダメだろ。

小説雑誌買って、読んでる人いるんかな?

読み切りは、こんなもんか・・・

はっきりいってつまらんかった。

世俗的ストーリー。

ある評価を得たアンソロジーの単行本・文庫本を買うのが一番いいな。

もっと手堅くいえば、図書館で借りて読んでおもしろかったら、買って自宅に保存。