俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

日本は北朝鮮の金正恩王朝?を馬鹿にできん。

今日は天皇誕生日か。

四条京阪のあたりを右翼の街宣車がいた。

天皇〜〜!〜〜」なんとか、轟音で。

私が以前いた出版社は、自由だったな。

昭和天皇がなくなる直前の話だが。

昭和天皇がなくなる前に「血圧表示されたり、下血あったか」と逐一、テレビ画面で報道されたな。

「今日、、、逝くかな!」

「俺は明日だと思う」

「しぶといな〜〜」

「かけないか?」

こんな感じの編集部でした。

編集長が口火を切る。

天皇って、親子関係どうなってるんかな? お父さん、明仁(現天皇)と呼び合ってるのかな? それとも、陛下、皇太子とか、呼び合ってんのかな?」

「パパ、明仁かもしれませんね?」

「親子げんかとかすんのかね?」

天皇って側室制度あったんでしょ、皇太子、その他の子供も皇后の子供かもあやしいよな?」

「合法的な愛人がいたわけだからな」

以上、これでも自粛しました。

とても、文章にできない天衣無縫な発言がされました。

東京都と京都では、天皇の感じ方がかなりちがうと思っています。

天皇はん」「天皇さま」、そんな呼称で話すおじさんがいました。

京の都では、天皇は「現人神」扱いなのか? いまだに? 

そういえば、皇室・天皇をネタにした漫才とかコントとか見たことないな。

我が国、日本は北朝鮮金正恩王朝? を馬鹿にできん。

私から見れば、同じように見える。

ネット上では、天皇批判すると、不敬罪とか書き込みする人間もたくさんいるし。

あれは、金をもらって書いてるのか? わからん。 

独断と偏見なので、気にしないでな。