俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

独特な価値観!?〜お金持ちになりもてた男の話〜

ある男がいました。女性にもてません。悩みました。

なぜならば、チビで文無しで不細工でした。

コレでは持てないワケがわかりました。

男は占い師に相談に行きました。

「どうしたら女にもてるのでしょうか?」

占い師は一言。

「お金持ちになりなさい!」

男は事業をやりお金持ちになりました。

ある日。占い師のところに彼女を連れて来ました。

「占い師さんありがとう、彼女と結婚します。占い師さんの言うとおりですね(お金持ちになると彼女ができるのは)」

占い師さんは納得しません。なんでお金持ちになったのに、よりによって、ブスを嫁さんにするのかを? 

お金持ちになった男は、美人より「ブスが大好き」という世間価値でははかれない独特な価値観を持った男だったのです。