俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「私が京都で美人」と思う人は「ハーフ」です!?

京美人はいるのかな?

私は、この人はきれいな女の子だと思うと、必ず、

「美人さんですね! 京都の人?」と質問をよくしていた。

といっても、飲食店とかお店で出会う女の子だ。

そして、両親の出身地でまで聴いていた。

お母さんは、鹿児島、宮﨑、福岡、新潟など、お父さんは京都という出身構成だった。

片親が、九州勢が多かったと記憶している。

私の母と弟が関東から京都に来ていた。

あるそば屋さんで美人の女の子を発見した。

いつものように。

「お姉さんは、京都の人?」

「はい、そうです・・・」

弟が、「何聴いてんだ?」と訝しく即、言ってきた。

こういう質問するのは、上述のように「京美人を探しているんだ?」と説明した。

「変だぞ! やめたほうがいいぞ!」

そうかなと思った。

それ以降やってないが、かなり聴いたので大体わかった。

「私が京都で美人」と思う人は「ハーフ」です。

両親のどちらかが他県と京都の「ハーフ」。