俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ショーペンハウエルの記憶

ショーペンハウエル

この人の本は読んだし、集めた。

文庫でも新潮社、岩波で重版を重ね今だ売れている。

白水社で全巻集とかも出てたはずだ。

私も文庫と白水社の単行本一冊は未だ持っている。

彼は厭世主義の哲学者ということになっている。学問的には。

私は学者でない、おもしろいから読んでいる。

「人間はろくでもない奴がほとんど・・・」

こればかり何回も言ってる気がする。

また彼は文章についても貴重なことを言っている。

「碑文的な文章」が至高。とか。

また「女について」というエッセイがある。以前は角川文庫であったのだが、絶版になってしまった。白水社の全集には、あるはず。毒舌を吐いていた気がする。

ショーペンハウエルに共鳴する人は、会社勤めには向かない気がする。

私がそうだから。