俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ふと電通で自殺した女性のことを思いだした〜なんで自殺してしまったのか?〜

ふと電通で自殺した女性のことを思いだした。

彼女は東大卒。法律とか知らんかったのか?

自分が置かれている状況がおかしいと、気づかなかったのか?

弁護士に相談に行かないから、労基法違反の残業やっている意識がなかった。

単純に「おかしい?」と思わなかったんだろうな?

「おかしい?」と思えば、何らかの抵抗をするか、その職場から去る。

この世から去る・・・最悪な結末。完全に判断が狂っている。

現実をよく知らない女性だった。世間知らず。

会社組織の世界が、真実そのものと、かんちがいしてしまった。

東大卒でこのレベルだと、その他は労基法違反の労働環境の自覚とか、ない人が多そうだな。

今調べたら、文学卒。ならば、法律のことなど、頭からスッポリ抜けてるな。

法学部卒でこんな悲劇が起きたら、、、、ありえんことだから。。。喜劇だ。

高校時代から、労働とその付随した法律を徹底的に教えるべきだな・・・。

・・・・・そう思った・・・・