俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

内部告発者・貴乃花親方は正義感がある〜「相撲協会」のおかしな体質の「あぶり出し」に成功〜

貴乃花親方は「相撲協会」のおかしな体質を、世間に公開したかったんだと思う。

警察には告発するが、協会には協力報告しないんだから。

私は、貴乃花親方を支持する。

相撲協会」のコンプライアンスは、これは笑止千万。

刑法犯罪より協会が大切というんだから。

私にはそう思えて仕方ない。

協会よりの人が語れば語るほど、語るに落ちた。この言葉があてはまる。

NHK元解説者の杉山という協会よりの人の言葉「組織人としては問題がある?」

この言葉に集約されている。

協会>刑法犯罪(日馬富士の暴行)。

相撲協会」は公益財団法人を取り消して欲しい。

たとえれば、「どろうぼう協会」があり、その理事が「どろうぼう」を告発して、「どろうぼう協会」があわてふためくような状態になっているように見えて仕方ない。

「どろうぼう協会」も反社会的組織だが。「相撲協会」も似たりよったり・・・。

 

内部告発貴乃花親方は正義感がある。

そう思った。

以上、独断と偏見の感想。