俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

嫌いな女の顔〜まぁ、人それぞれだからな〜こればかりは・・・

嫌いな女の顔。

鼻がデカい女。鼻先が尖った女、目つきの怖い女。

前世の記憶からか、よくわからんが、こういう女からすぐ逃げる。

見たくもない。

また、瓜実顔も嫌いだ。どちらかというとタヌキみたいな顔した女が好きだ。

閑話休題

京都の女は、気兼ねなくいうが、ブスがほとんどだ。

その証拠に女優は、勝新太郎の嫁、中村玉緒田畑智子杉なんとかいう杉本彩しか浮かばん。

また、絵巻物とか、古墳でかかれている顔の女も多い。下ぶくれの顔。

目鼻立ちがハッキリした瓜実顔もいる。確かに端正な顔なのだが、余り好きな顔でない。

結論、京女はブス。

独断と偏見。

実際、京都市内に住んで見よう。