俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

キュッとしまるんです〜絞殺レイプ犯は語る〜

興奮しますよ。

やめられません。

あの顔を、悶えた苦しそうな顔はたまらんのです。

偶然に女を殺してしまい、女を殺すのが好きになりました。

女って、首をしめますよね、、、失禁するんです。

これも楽しみなんですね。

それで、失禁を確認したらやるんですよ。

そしてレイプするんです。

でもまだ死んでないんですよ。

合体してるときに、気絶から目覚めます。

そしたら、、一気に両手で力いっぱい首をしめます。

そうするとね、あそこがね、キュッとしまるんです。

それで、やみつきになったんです。

 

絞殺レイプ犯の手記より・・・