俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

京都は食い物がまずいところだ・・・・・・京都人は味覚音痴なのか!?

京都市は食い物がまずいな。

この第一印象は今も変わらない。

国際会館、宝ヶ池近くのラーメン屋。

日本一まずいラーメン屋だった。もう閉店したみたいだ。

ちゃんこ鍋を食べたが、2件とも美味くない。

今日はおでん屋に行ってきた。江戸時代からの名店らしい。

唯一、里芋が美味かった。メニューの板に値段がない。

串一本700円らしい。その値段を知らなかった。食べた後、会計7,000円だった。

これにもビックリ

セブンイレブンのおでんのほうが美味い。

四条烏丸近辺で美味いという鍋焼きうどん専門店に行ったが、、、、やはりまずかった。

ネット上調べたり、人の伝聞で行ったが、まずい店しかなかった。

某ラーメン屋にいったら、関西優勝のトロフィーがあった。背脂が売りみたいだ。

これも美味くなかった。

私の味覚がおかしい?

近所の中国系の人がやってる中華料理店があるが、そこは美味い。

こんなこというとイケないかもしれんが、京都人は味覚音痴なのか?

私が何回も頻繁に食べたのは、香川県出身の人が創った讃岐うどん

ひとつは「うどんつけ麺」、もうひとつは「やまかけうどん」だった。

ラーメン屋が一軒だけ何回か行ったが、そば粉が入ってるような独特麺のラーメン。

他に、そば屋を一件知ってる。

それくらいしかない。

東京のほうが美味いモノがたくさんあったな。

京都市は閉鎖的だから、自然淘汰されず、まずくても店が昔のまま存在してるからなのか。

そんな気がしてならない。

 

ぐぐると! やはり、、、私だけでなかった。

京都 食べ物 まずい - Google 検索