俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

私は朴訥した文章で、その人の「地」(自分)が出てる文章が好きだ。

私は朴訥した文章で、その人の「地」(自分)が出てる文章が好きだ。

 

文章を書かせれば、大体わかる。

文は人なり」(ビュフォン)の有名な言葉だ。

が、それがプロになると、意図的に擬勢するので、少しわかりにくくなる。