俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

悪人、暴力、セックス、猟奇、非日常を当然入れなければならない。

精神異常者とか猟奇犯罪者を設定して書くのは、おもしろいが疲れる。

小説、読み物は、善人男女を出しては、話しがおもしろくない。

悪人、暴力、セックス、猟奇、非日常を当然入れなければならない。